シンスプリント(スネの痛み)

お悩みチエックリスト

  • スネの内側に沿って鈍痛がある
  • 膝からスネの間、下3分の1を押すと強い痛みがある
  • 走るようになってまだ1年ぐらい
  • 走る量があきらかに増えた
  • ストレッチやケアが足りていない


そのつらい症状、
私が改善に導きます

シンスプリントどんな痛みがでる?

シンスプリントで悩んでいる方って多いんです。走りはじめて1年近くなって、練習量が増えた方。新しい練習環境になって気合いれて頑張っている方。練習の強度がかなり増えたなどなど。いろんな方が悩んで来院されます。

どんな痛みがでるんでしょうか?

脛骨(スネの内側)に沿って鈍痛が走ります。スネの下の方を押すと強い痛みがでます。

原因は人それぞれです。走る量が多かったり、硬い地面を走るなど、下腿部(膝から下・スネ)へ負担が大きい場合や、痛みがあってもケアをしなかったり、ストライドを大きく取り過ぎた衝撃などで、起りやすい傾向にあります。

シンスプリントなぜ痛みがでるの?

足首を動かす筋肉(前脛骨筋・後脛骨筋)が、膝から下の脛骨に付いています。ランニング中、足首に繰り返し過大な負荷をかけると、その筋肉の収縮により骨膜を引きはがそうとする力が加わり、骨膜炎が起こります。

最近情報が発達してシューズをいろいろ試したり、フォアフットやミドルフットなどフォーム修正や、足の着き方を矯正して練習している方が増えてきました。新しいことを試していくなかで、足の着き方がが変わって負担になり、痛みを発症してしまう方をよく見かけるようになりました。

痛みが出たときはしっかり休んでケアをして、日常歩行で痛みが出なくなったときは、痛みの出ない程度のリハビリをしていくことをおすすめします。ケアと合わせて行うと、きっと走れるようになりますよ。

走るのを数か月休んでも痛みが続く場合は、疲労骨折の可能性もあるので注意してください。

シンスプリントが改善し練習が続けられました

お客様写真
アンケート用紙

シンスプリントで長期悩んでいた時に、陸上部の先輩に勧められて後藤さんに施術してもらいました。

数日後から、練習を止めることもなく、シンスプリントが改善したのを実感しました。

それ以来、小さな違和感でも後藤さんに診ていただくようになりました。そのおかげで大きなケガをして、長期間練習離脱すことがへり、もどかしい日々を送ることがなくなりました。

ストレッチなど、家でできるセルフケアも教えてもらえるので、回復にかかる時間をさらに減らせています。

T・S様 川崎市中原区小杉在住 学生 20代

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

当院が選ばれる3つの理由

1. たくさんの臨床経験と安心感

私は今まで、カラダの疲労を取りたい方、長年痛みでお悩みの方、手術をしないとダメと言われた方、プロスポーツ選手やスポーツ愛好家の方、運動をほとんどしない方など、様々な症状や幅広い年代の方の身体を診て来ました。

今ある痛みだけでなく、「症状の根本原因を解消して再発しにくい身体づくりをすること」をモットーに取り組んできた結果、多数の方々から評価していただくことができたと自負しております。

当院では、質の高い施術はもちろん、ご自宅で簡単にできるストレッチや日頃の身体の使い方など、一人ひとりに応じたセルフケア指導にも力を惜しみません。
つらい症状にお悩みのあなた、ぜひ当院で健康な身体を取り戻しましょう!

2. 運動療法と合わせて施術

私は、全国から来院される有名治療院で約8年間勤務し、たくさんの経験をしてきました。

様々な症状で年間4000人以上(足の症状の方だけで)の患者様が来院されるため、あらゆる疾患・症状の方の施術に関わってきました。この経験が私の財産になっています。

そして、各疾患や症状に精通した、第一線で活躍されている先生方のセミナーなどにも積極的に参加してきました。

また、生活習慣に関わる運動療法など、東京大学 医学博士 佐野先生からスポーツ医学について7年間勉強させていただきました。

カラダの使い方、歩行や姿勢などを長い間研究してきました。

このたくさんの施術経験や勉強してきたことをいかして、施術していきます。

 

3. 田園都市線青葉台駅徒歩5分

青葉台駅徒歩5分とアクセス抜群です。

また、20時まで営業しており、お仕事帰りにもお気軽にお立ち寄りいただけます。土曜日も営業しているため、『平日は忙しくてなかなか通院できない』という方にもお喜びいただいております。

完全予約制のため、ご来院いただいた際は待ち時間なくスムーズにご案内させていただきます。

後藤マッサージ治療院